ワクワクメールの伝言板の使い方!返事がくる書き込みは?

ワクワクメールをご利用の方であれば、もちろん伝言板を利用したことがあると思います。
メールであれば5ポイント消費するところを、ポイント消費なしで相手へメッセージを送れるからですね。

この伝言板、意味のない書き込みを行なっている方をよく見かけます。

→相手に響かない、スルーされる書き込みとは?
→相手が思わず返事したくなる書き込みとは?

実例を挙げながらご紹介したいと思います。

相手に響かない、スルーされる書き込みとは?

まず、悪い例から見ていきましょう。

悪い例①

よく見かける書き込みですね。
3つまとめると、「こんにちは。よかったら仲良くしてください。」系です。

なんで初対面の相手に挨拶された瞬間から、仲良くしてくださいと言われなければならないのか。よくよく考えればこんな気持ち悪いことはありません。

とりあえず数打てば当たると思っているのかもしれませんが(実際にこの手の人は8割くらいの女性のところに書き込みを行なっています)、おそらく1000回打って1回ヒットくらいでしょう。

非効率なのでやらないようにしてください。
加えて、好みの女性がいても大事な1投目でチャンスを潰すことになります。

 

 

 

悪い例②

これは「プロフ見て気になったので」系です。
こちらは悪い例①から1歩進んだ感じですが、まだまだ相手への訴求力が足りません。

①と②に共通して言えるのが、これらのメッセージは誰に対しても同じ文面で送ることができるという特徴があります。

②に対しては、”プロフのどこを見て気になったのか?” ”それに対して自分はどうなのか?どう感じているのか?”というところがありません。
それがないと、相手も「ちゃんとプロフ見てないんだな、どうせ他の女性にも同じメッセージ送っているんだろう」と思い、自分に対して興味を持ってくれません。

 

このように他の人との差別化を図っていない書き込みや、例には挙げてませんが自分の自己紹介だけの書き込みは、やるだけ無駄です。
最後に決まり文句的につける ”よかったら〜” も要りません

 

相手が思わず返事したくなる書き込みとは?

続いて、良い例の書き込みを見ていきましょう。

 

良い例①

これは悪い例②から進展して、具体的にプロフのどこがよかったかを指摘しています。
こうすると相手もちゃんとプロフを見て書き込みしていることがわかりますし、お礼の返事もしやすいので次につながる可能性が出てきます。

 

 

良い例②

ストレートに相手の見た目を褒めています。余計な文言は一切ありません
若い子に対してはこの方がストレートに伝わります。

特におっさん(アラサー以上)の特徴として、余計なことを言いたがったり絵文字を多用する癖があります。伝言板は文字数が限られておりますので、失礼でなく不快でもない範囲でなるべく短い文章で的確に相手へ伝える必要があります。

相手プロフへのツッコミというテイで書き込みを行うと、相手も「いやいやいや!」と返事しやすくなります。

 

もっと良い例があればよかったのですが、ワクワクの伝言板はこんなものです笑
他の人との差別化をすれば一気に優位に立てますよ!

 

まとめ

伝言板への書き込みを実例を挙げながらご紹介しました。
悪い例のような書き込みを行なっていた方がもしいれば、この機会に内容を見直してみましょう。きっと成果が上がるはずです!

さいごに、2ポイント消費して書き込みできる”ひそひそ”機能ですが、あまり使う効果はありませんので、特別な理由がなければ使わなくてもいいでしょう。

みなさんが良い方を見つけられるよう祈っております。

ワクワクメールの登録はこちら↓↓
※特別単価 ワクワクメール ※ランキングサイト専用